2008年09月30日

ザギン


tango tanngo tanngo 28日、黒のハンチングを失くしたその日、銀座へお芝居を観に行きました。劇団『モカティーナ夫人』vol.1、「花よりタンゴ〜銀座ラッキーダンスホール物語〜」(作/井上ひさし)。5年ぶりに舞台に出演する俳優・松浦敬氏をぜひとも見てみよう、てな訳です。

 戦後間もない銀座のダンスホールを舞台に巻き起こる5日間の出来事。休憩挟んで二時間半強の長丁場のお芝居だったんですが、銀座TACTというライブハウスをダンスホールに見立て、音楽は生演奏、あの頃の懐かしい歌もふんだんに聴け、テーブルでお酒を飲みながら楽しんでまいりました。敬くんが登場すると、舞台がグッと引き締まる感じがします。素敵な時間をありがとう。

 松浦敬氏がほぼ5年前に行った舞台に、僕もスタッフとして参加していたのでありました。その頃の仲間も来るって言うので、実はそっちのほうもかなり楽しみでした。気の置けない仲間というのはええもんです。数年ぶりに会うなんていう友達(というか幼なじみ)も、話しているとすぐにいつもの感じになる感じは、やっぱええ感じやなぁと思いました。再会のきっかけをくれた松浦氏に感謝。いやいや、それならば俺のライブもきっかけにしてくれよ、なんつって。

 帽子を失くして傷心やったわけですが、ともあれ楽しい夜を過ごしてきました。お芝居の中で、戦後間もないあの頃の歌を幾つか聴くことができました。思ったのは、日本語が美しいということ。美しいものは変わらへんのやねぇ。
posted by fuchimotoblog at 03:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

秋の別れ

07-09-20_19-54.jpg 失くしてしまいました。

 もう何年も被り続けてきた黒のハンチング。落としたのがバスの中なのか駅前の通りなのか、とにかく気がつくと鞄の中にも何処にも見当たりませんでした。僕はいくつも帽子を持っていますが、一番被り心地のよかったのが、今回所在不明になってしまった黒のハンチングでした。帽子を買うときの基準はいつも、あの黒ハンチングのあの感じでした。硬くて柔らかくて、緩くてずれない。バスの中で一度脱いで、熟睡して起きて降りた時は確か持っていたような…………いなかったような。

 新しい帽子を買おうと思っていた所だったとか、つばの先や裾の部分が白くなってきて「もう寿命かなぁ」と思っていた所だったとか、そうやって諦めようとするたびに、かなり愛着があったことを実感してしまいます。まだ僕にはあいつが必要だった、と。

 今回は諦めます。この胸の痛みはきっと、新しい自分になるために神様がくれた試練なのです。秋は別れの季節だ、と誰かが言いました。そんなもんオマエのさじ加減やろ、と思っていましたが、いや、なかなか別れの季節です。目下の課題は、寝ぐせまみれの頭をどうするか。今から銀座に友人の芝居を観に行ってきます。寝ぐせとヒゲ面で銀座は逮捕されるに違いないのです。


posted by fuchimotoblog at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

空を見る

 最近、知り合いのミュージシャンたちのCDをMP3のプレイヤーに放り込んで持ち歩いたりしています。頂いたCD、買ったきりで聴いていなかったCD(すみません)、久しぶりに聴いた歌、改めてええなぁと思う歌や、新しい発見がある歌。なんか、ありがとう。世界は優しさに満ち溢れています。

 秋晴れの空、切り立ったビルの断崖。その向こうに広がる空は、白くて青くてやわらかい。今日聴いていたのも、少しばかり歪んだ世界をやわらかく包む秋晴れの空のような歌。こんな優しい世界をたくさんの人にあげれたら、と思います。胸の奥のほう。
posted by fuchimotoblog at 02:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

新宿シャンパーニュにて


9.21 photo 9月21日、新宿にある老舗シャンソニエ、シャンパーニュで行われたスペシャルライブに参加してきました。雨の中ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。ステージは休憩を挟む二部構成。僕は第一部での演奏でした。室井優さんから始まって、増田さんと繋ぎ僕の出番。

 1. 星屑のうた 2. 三鷹台 3. 小さな君を背負って帰る

 3曲歌ってまいりました。暖かい声援、ありがとうございました。僕の次に歌うのは渕本ケイ。苗字が一緒の女性ジャズシンガーです。はい、姉貴です。僕がひっかき回した後のステージでやりづらそうでしたが、無事に第一部終了〜。

 第二部は井関真人オンステージ。まさに圧巻のパフォーマンスでした。

 一曲ごとにその歌の登場人物を演じながら井関さんは歌い上げていきます。若い女中から年老いた役者、歌の中に生きる人たちを見事に再現しながら観る人をその世界に引き込んでくれます。軽妙なオシャベリと一人芝居で綴る人生劇場です。月並みな表現になりましたけど、何と言うか、そのステージに全部があるんです。笑いあり涙あり、シャンソンはつまり生活の歌であり、人間賛歌です。映画を観ているような、落語を聞いているようなステージ。人間なんてそんなもんだよ、と肩を叩いてくれたり、お前はそれでいいんだよ、なんて背中を押されているような気がしました。そしてシャンソンだとかジャズだとか、ポップスやフォークやあるいはクラシック、そんな垣根は要らないし、あってないものだとも思いました。

 あんな歌を作れたら、そして歌えたら、と考えていました。感動しました。何より、めちゃめちゃ面白かった! イベントに呼んでくださった佐藤さん、そして共演の皆さん、ありがとうございました。素敵な経験でした。
posted by fuchimotoblog at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

歌います、今日

 飲み会続きと、とある引越しの手伝い(?)などしていたらうっかり寝不足で脳味噌ふにふにぷーです。ドレミファプラシドです。本日は老舗シャンソニエで歌います♪

9月21日(日) 新宿シャンパーニュ
op.18:30/st.19:00/\3500
出演 井関真人/室井優/増田博文&大樹/渕本ケイ
井関真人さんのステージのオープニングアクトです。
☆シャンパーニュ
靖国通り、東京厚生年金会館向かい、ampmの地下一階
新宿区新宿1-34-11 TEL03-3354-2002

 どうぞ遊びにおいでませ。

posted by fuchimotoblog at 02:52| Comment(2) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

気持ちゆっくりめ

bananacake_ogawacafe 夏に稼いだ移動距離と慌しい週末の波が気が付くと、先日のライブ後からザァーザワザワザワザワァ……と訪れて、昨日一昨日と少し疲労感がありました。美味い物食ってぐーっすり眠れば良いんでしょうが、僕もそこそこのジャンクスリーパー、モニターからの刺激を極力抑えてふとんに潜り込むものの……。色んな人が出てくる少しリアルめの夢から覚めて、こんな日は淡々と生活をするのです。

 郵便局と銀行に行き、眼鏡のかけ具合を直しに吉祥寺へ。帰り道、夕暮れ時のオガワカフェに寄りました。バナナケーキとブレンド珈琲。いま、店内では写真家・村上浩次郎さんの写真展『こうちゃん』が開催されています。村上さんのご子息「こうちゃん(2歳児)」が、日常の風景の在り得ない場所に写り込んでいます。たとえば動物園の熊と並んでいたり、マンションの工事現場の足場にちょこんと座っていたり。楽しくて思わずほくそ笑んでしまう作品展でした。

 夕陽が綺麗だというので、店のご主人がお客さんたちを屋上へ案内してました。はい、僕も上がります。ピンクとオレンジを混ぜたような柔らかくて強い光でした。井の頭線の電車がカーブに差しかかるあたり、家路に着く人たちの足音。

 日も暮れてきました。夜になる前に掃除して、今夜はご飯とみそ汁を食べましょう。

sunset_ogawacafe
posted by fuchimotoblog at 20:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ハッピーバースデー♪

 オイケこと池内陽子さんのバースデーライブに参加してきました。@新宿たかのや。さなさん、平井敬人さんに続きエントリーNo.3フチモトリョウです。

1. 三鷹台 2. 星屑のうた 3. 待っている 4. 友人のふり(カバー)
5. 小さな君を背負って帰る 6. 青空待ちぼうけ

 こんなメニューで演奏してきました。バースデーソングあり、オイケさんからリクエストのカバーあり、汗だくで歌ってきました。

 トリで登場は池内陽子。通称オイケと申します。圧巻のステージでした。僕は完全に魅了されました。パフォーマー池内陽子の唯一無二の存在感。ビリビリしました。最後は出演者全員でオイケさんの「杉浦くん」を演奏。ホンマ、楽しいライブでした。おめでとう、オイケさん♪素晴らしい一年を。

 ここんとこ、人に魅せられてばっかりやな。よし、俺も頑張ろ、と人の誕生日に精神的に便乗するボク、三十路過ぎ。


たとえば毎日が
誰かの誕生日であるように
ごく平凡で
とても特別なこと

birthday cake
posted by fuchimotoblog at 02:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

本日ライブです@新宿たかのや

さあさあ、本日ライブです! オイケさんバースデー企画♪

★9月9日(火) 新宿 たかのや
池内陽子(オイケドン)バースデー企画♪
op.18:30/st.19:00/ticket\1500+1drink
出演 池内陽子/平井敬人/さな/フチモトリョウ

最初っから最後までドドンとお楽しみ下さいっ。
厚生年金会館隣りのライブハウスでお待ちしております♪
posted by fuchimotoblog at 11:14| Comment(0) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

長い週末の長い日記

 9月5日の深夜に新大阪に着き、東京よりも眠らない気がするミナミの街を控えめに練り歩きました。クラブや飲み屋が朝までやっているのはもちろん、花屋や洋菓子店まで朝まで営業している様子。需要があって供給があるんやねぇ。

 眠りかけの深夜の街を徘徊するのが好きなんですが、大阪の街はなかなか眠りそうにありません。翌日は午前中から行かないといけない所もあり、これまた僕の好きなネットカフェで一夜を明かす(寝る)というコースを選択。完全に寝切ってない状態で浴びる朝のネットカフェシャワー、うぅん満喫(←かけてます)。

 9月6日になっています。この日は友人のミュージシャン「Family〜おかだ兄弟〜」が大阪で初のワンマンを行うというので遊びに来ていたわけです。本来なら交通費を安く抑えるために深夜バスでの移動にしたかったんですが、うっかりぽっかり予約が取れず、前日に新幹線に乗り込み大阪に滑り込んでいたのでした。会場は大正区、開場は13時30分。よし、それまでに大阪観光や!やったるで!大阪観光やねん!ものごっつ好っきゃねん!などと意気込んでいたものの、Family代表取締役社長から受付の手伝いなどを頼まれ、10時30分目指して会場入り。観光は今度やな。大阪のおっちゃんは全員オール巨人みたいな喋り方でした。

 アゼリア大正、素敵な円形のホールでした。オープニングアクトは関西を中心に活動する女性シンガーソングライター、Chappeさん。実を言うと、決死の覚悟で新幹線を飛ばしてきたのも、Chappeさんの生のステージを観るためにほかならないのです。ごめんよFamily。ともあれ、彼女の素晴らしい歌声を生で聴く事ができ、CDも手に入れる事ができました。あぁ、ホンマに良い一日でした。

 うそうそ。Familyのステージは言うまでもないですよ。童謡からオリジナル曲、みっちーの千の風〜、いつもより喋る健太郎に、いきなりとんでもないとこへ飛んでいく和宏。西村健氏のギターも演奏をぐっと引き締めてくれます。楽しかったです。アンコールで泣いたことは誰にも言いますまい。大勢の観客がステージを見守っています。歌うことって何だろう、人に何かを伝えることって何だろう、などと考えていました。純粋に歌と向き合い、自分と向き合う時間でした。

 夜は例によって岡田家に泊めてもらいました。打ち上げです。みんなお疲れ様でした。ホンマに楽しかった。楽しかったんですが、やっぱり人の歌を聴いてるだけじゃ気持ちが落ち着かないんです。というわけで、夜中の赤い鳥ホールにて「星になった(Chappe)」「涙色(磯部正人)」「愛とは何か(高森康介)」という人の歌3曲を熱唱。あぁ、これでぐっすり眠れる。

 あけて7日は寿司を食い散らかし、風呂に入り倒し、日暮れ時の空に素振りをしてから高森家へおよばれ。絶品ハヤシライスに舌鼓を打ちました。めっちゃ美味かった。永遠に美味いハヤシライス。ご飯で食って、ほんでまたフランスパンで食うデミグラス。俺、永遠なんて無いと思ってた。総勢10名ほど集まっていたでしょうか、宴もたけなわの高森家を深夜バスの都合で僕一人後にしなければならないこの切なさ。みんなして滋賀に住みやがって、と意味不明瞭な暴言を吐きつつ近江長岡へ。

 ともあれ、長い週末は静かに長い平日に姿を変えるのでした。
posted by fuchimotoblog at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

どたばた9月、どたばった

 今日の昼間、四谷天窓へ行ってきました。天窓グループが発行している『音波Magazine』(ライブハウスで渡される冊子。スケジュールとかが載ってる、あれです)の中の「ロドリー新聞」という記事ページに、ぼくフチモトリョウが紹介される♪というわけで、インタビューなどされてきました。まぁ、インタビューといっても、スタッフのきゃずさんと小一時間楽しくお喋りしてきただけなんですけれども。そない実のある話はしてないような、うぅん、してないような……。

 あのお喋りがどんな風に記事になるのか想像できませんが、出来上がりが楽しみです。10月度の掲載です。天窓に行った人は、ちゃんと家に持って帰ってシッカリ読みましょう。

 はてさて、このジメジメ天気はもうすぐ夏が来る前兆でしょうか。9月のライブはこんな感じで行います。

★9月9日(火) 新宿 たかのや
池内陽子(オイケドン)バースデイ企画♪
op.18:30/st.19:00/ticket\1500+1drink
出演 池内陽子/平井敬人/さな/フチモトリョウ

★9月21日(日) 新宿 シャンパーニュ
st.19:00/ticket\3500
出演 井関真人/室井優/増田博文&大樹/渕本ケイ
♪フチモトリョウはO.A的に出演

 噂の四谷天窓.comfortは10月に出演します。

★10月21日(火) 高田馬場・四谷天窓.comfort
op.18:30/st.19:00
♪詳細未定

 どんどんどんどん遊びにいらして下さい。来てくれないとお仕置きです。

 週末一日大阪滞在という予定なのですが、今の時点で西に向かう手立てがありません(あるけど)。アカン、バタついてる。バタバタ走るよ、バタークリームマン。落ち着け、俺。これ飲んで落ち着け、俺。


imaichibanumai
posted by fuchimotoblog at 01:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする