2009年01月29日

歩くことに決めていた日

 夕方過ぎに外に出た。今日は歩く日と決めていた。昨日、ひょんなことから新宿の南口方面を歩くことになり、見たことのなかった景色に少しドキドキしてしまった。その気持ちを引きずって、今日は歩く日と決めていた。市役所の隣にある郵便局に何やら荷物が届いていて、早く取りに来いという通知が来ていた。普段ならバスか自転車を使う道のりを、そんなわけで歩くことにした。

 街道を行けばただの一本道になるので、少しずつ裏の通りに入り、できるだけ知らない景色を行こうと思った。畑を抜けマンションを抜け、病院を抜け中学校を抜け。街角のヤマハ音楽教室からピアノの音色、部活帰りの生徒たちの笑い声、どこかの家から漏れてくる夕飯の支度の匂いを感じながら、日も暮れた三鷹の町をのんびり歩いてみよう。思いつきで小さな路地を曲がってみよう。ひょっとしたら小一時間歩くことになるかもしれ……あ、着いた。

 自転車でも2、30分はかかっていたような気がしたのに、歩いてものの15分そこらで着いてしまったわけです。こちとら歩くぞと意気込んで、マフラーにカイロまで仕込んで出かけたのに。あまりの拍子抜けに何故か急激に尿意を催してしまいました。でたらめに歩いているうちに近道にでもなったのかと思い、街道を歩いて帰宅しましたが時間は変わりませんでした。でもまぁ、美味しそうな定食屋を見つけたり、近場にだいたい何でもあるというのが分かって、とりあえずヨシとします。覚悟を決めれば目的地は意外と近い。

southern lights
posted by fuchimotoblog at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

可燃の日

 オレンジがかった朝の光が、斜めの角度から渋谷近辺のビル群を照らしています。無機質なビルがどこまでも続く景色に、少しずつ吹き込まれていく今日の始まり。7時過ぎの電車は上りも下りもそれなりに混んでいて、たくさんの人をそれぞれの目的地へ送り出していきます。吸っては吐いて、一定のリズムで。

 旧い友人たちとたらふく食べて雑魚寝したその帰り道。変わらないなと笑いながら、それでもどこかで変わらないとなと思いながら、駅に向かう人波と自転車をかわしつつ歩いています。少しずつ濃くなっていく町の色、動き出す今日。長い休日の終わりに、燃えるゴミを出しておかなければ。

posted by fuchimotoblog at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

歌い始め

 外に出て歩いていると雪がちらつき始めた。前を歩く女性の髪に白い雪が乗っかって、なんだかいい感じだなぁと思っていたらあっけなく払い落とされた。気が付いたら雪は止んでいて、雪と遊び足りない北風だけが空を飛び回っていた。低層ビルが遥かに続く沿線の景色を眺めながら、中央線で新宿に向かった。ホントは、間違えて東西線に乗り込み、阿佐ヶ谷で慌てて乗り換えた。


 1/24、新宿はLIVEたかのやにて歌ってきました。今年の初歌いでした。メニューはこちら。

1. 三鷹台
2. 星屑のうた
3. 愛とは何か(高森康介)
4. 涙色(磯部正人)
5. 小さな君を背負って帰る
6. 光

 2曲、カバーを演奏しました。カバーはやはり何かしら緊張感が増します。初歌い、久しぶりのライブハウスでの演奏、いつもより少し熱っぽい歌唱だったようです。むふふ。♪早く僕らはここを抜け出そう〜と「光」を最後に歌ってライブは終わりました。抜け出したい場所はどこなのか、向かいたい場所はどこなのか。久しぶりにライブをしたという感じでした。今年もよろしくお願いします。

 変なところに力が入りすぎていたのか、家に帰ると疲れが一気に襲ってきて、着替えもせずに眠りに落ちると10時間後に目が覚めました。おはようございます。

posted by fuchimotoblog at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

本日ライブです♪@新宿たかのや

本日!フチモトライブを行います。新宿はLIVEたかのやにて。

★1月24日(土) 新宿 たかのや
op.18:00/st.18:30/ticket \1500+1drink \600
出演 伊藤あらた/指田愛/琥Lo/mariwa/フチモトリョウ
♪フチモトリョウは20:50頃〜演奏

まっだまだまっだまだ間に合います。
ぜひぜひ皆さま、足をお運びください。
会場で、心よりお待ち申し上げ奉り候〜♪
posted by fuchimotoblog at 04:03| Comment(0) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

人の言葉

 さあ、今週末はライブ。

★1月24日(土) 新宿 たかのや
op.18:00/st.18:30/ticket \1500+1drink \600
出演 伊藤あらた/指田愛/琥Lo/mariwa/フチモトリョウ
♪フチモトリョウは20:50頃〜演奏

 土曜日はぜひぜひ新宿まで足をお運び下さい。心よりお待ちしております。

 朝一でスタジオへ行った帰りは昼飯に迷いながら吉祥寺をしばらくブラリ。結局何も食べずに帰るわけですが、迷ったあげくどういうわけか本屋へ。お気に入りのカフェでたまには読書でも、ってわけです。

 スタジオで自分の歌の練習をする前に、人の歌をかなりの情熱を持って歌うことがあります。喉慣らしや指慣らしの意味もありますが、簡単に言うと、いい刺激です。ナルホドこういう風に進行していくのか、とか、ウハこの言い回しは抜群やなぁ、など。同じように、言葉に迷ったり煮詰まったりした時に本を読むことがあります。言葉の煮詰まり=心のモヤモヤを、さらっと流し出してくれる言葉に出会うことがあるからです。

 と言うわけで一冊購入。最終的にどこへも寄らず雨が降る前に洗濯を済ますべく帰宅しました。はい、まだ読んでいません。
posted by fuchimotoblog at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

月と山手線

今日一日、昨日よりも少しだけ声を張ってみた
少しだけ疲れが軽くなった気がした
案外こんな事で
上手く回るのかもしれないと思った

あるいは僕の潜在的でささやかな防衛本能
そのおかげで何となく
バランスが保てた気がしたから


山手線の外側に
丸いお月さんが浮かんでる
怒らないで隣のOLさん
あなたの上司はそんなに悪い人じゃない
posted by fuchimotoblog at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

復活風邪男

09-01-18_16-10~00.jpg 長引いた風邪もようやく回復に至り、景気づけに(?)岡本太郎記念館に行ってきました。この場所は作品の熱量とともに表現する喜びや楽しさに満ちています。

 さあ、来週は今年最初のライブも控えてます。仕切り直しで張り切っていきますかー♪


posted by fuchimotoblog at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

復活雨男


azuki-coconuts 復活、雨男。にしても今日の雨は冷た過ぎました。休みの今日は予定をゆるめに入れて吉祥寺へ。風邪っぽいので献血はまたの機会に。振り込み完了、スタジオで喉をヤッちゃった後は年明け初、夜のオガワカフェへ。雪に近い雨で冷えた心と体をゆっくり温めます。本日のスイーツ、小豆とココナッツのロールケーキとブレンド珈琲を注文。待っている間、ご主人が今回のギャラリーの説明をしてくれました。ノートにペンを走らせ、メールの返信などしている所に、来ました甘いもの。う、美味い。これホンマに美味い。ココナッツの香りと小豆の風味が程よく合わさって、とても上品で何と言うか幸せな味です。

 店内のギャラリー、今回は「ATELIER C-126 版画カレンダー」展。東京藝術大学版画研究室のドア番号からその名前が付けられたこのカレンダーは、研究室の作家と助教授らによる作品が同時に一枚に刷り上げられたもので、1969年から41年に渡って制作され続けています。店内には、今年からさかのぼって12年分が展示されています。色鮮やかなものから精密で繊細なタッチのもの、作る人によってこんなに違う世界が出来上がるんやなぁ、なんて思いながら見ていました。何しろ小学校の図画工作レベルで版画の知識が止まっている僕なので、版画でこんな事ができるんや、みたいな感動でした。版画だからこそ描き出せる世界があるんやなぁ、と。

 雨は止みませんでした。こんな休みもたまにはええか。ライブの予定もちらほら入ってきました。風邪をこじらせないように、早く寝てしまいましょう。
posted by fuchimotoblog at 23:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

新幹線にて

 庭にある葉を落とした木の枝に、母が傷んだみかんや柿を刺して小鳥の餌にしています。やってくるのはメジロやヒヨドリ。父が使い捨てカメラでシャッターチャンスを狙っていますが、まだ上手く撮れたことはないようです。「来たで、来たで」と母の呼ぶ声、黙ってカメラを構える父。


 帰省ラッシュの真っ只中、新幹線で東京に向かっています。通路にも人が立っている状態で、東京まで座れないんだろうなぁとは思いますが、デッキでも外の景色が見られるのは少し気分が紛れます。田舎と都会を順番に通り過ぎ、夢の超特急は東へ飛ばします。遥か遠くまで家並みが続き、光がちらちらと瞬いて見えます。その光の一つ一つに誰かの暮らしがあると思うと、景色はよりあたたかくうつくしく見えてくる気がします。今年は昨年以上に色んな場所で歌えたらと思っています。色んな人に出会えたらと思います。流れ星よりはゆっくりと、町の明かりは西のほうへ流れていきます。とりあえず、静岡あたりで半分ぐらいの乗客が降りてくれないかなぁと、願っています。願って、います。

posted by fuchimotoblog at 20:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

元日の日記

 年が明けました。おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 僕は今、故郷は京都府舞鶴市の実家にて正月を過ごしています。母に叩き起こされるように布団から出て、おとそを飲み、雑煮を食べました。久しぶりに勢揃いの一家4人とおばあちゃん、里帰り中のおじさんとお茶をすすりながら、昔話に花を咲かせていました。

 物静かだったおじいちゃんが、その昔、ニワトリやスズメ、マムシやある時はカメを捕まえてさばいていた、なんていう話も聞きました。おぉ、ワイルド。母の子供の頃の話、おじさんが悪ガキだった頃の冒険譚に、何か古きよき時代の空気を感じます。僕の知らない故郷の景色に僕の記憶にある風景が重なり、そして今の町の姿に繋がっていきます。

 故郷に帰る度に、どうしても寂れていく田舎町のイメージを抱いてしまうのですが、今回の帰省では、人が暮らす町の温かい雰囲気を感じています。夏に会った時よりもさらにゆっくりになった気がするおばあちゃん。「何でもすぐ忘れてしまうんや」。おばあちゃんは今年で90歳。いとおしく丸くなった背中、それは母の背中であり、父の背中でもあり、やがては僕の背中。そんなことを思いながら、ストーブのやかんでコーヒーをいれています。

posted by fuchimotoblog at 00:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする