2009年05月31日

ならず!

 お台場はフジテレビ球体にて行われたHACHITAMA MUSIC NIGHT vol.5に参加してきました。聴いて見ていただいた皆さん、本当にありがとうございました。夜景の綺麗なフジテレビ25階、客席の皆さんの温かい笑顔が印象的でした。僕の演奏曲目は「赤いレンガ、湖のほとり」。残念ながらグランプリ大会に残ることはできませんでした。ダメだった部分が感覚的にはっきりしているというのが救いでしょうか。とにかく、非常に悔しいです。正直。またこういう機会があれば、ぜひ挑戦したいと思います。良い経験、とします。さぁまた今日から、張り切っていきますえ。エイ、エイ、ニャーッ!

Tama
posted by fuchimotoblog at 03:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ありがとう、そしてお台場へ♪

09-05-30_14-12.jpg 5/29、四谷天窓.comfortにて『男のピアノ』に出演してきました。ご来場下さいました皆さん、ありがとうございました。メニューはこちら。

1. ベゴニア
2. 小田急線
3. 三鷹台
4. 小さな君を背負って帰る
5. 光
6. 星屑のうた

 新しい曲も放り込みましたもんで、程よい緊張感もあいまって楽しいライブでした。演奏後はワイン片手に客席で楽しみました。コンセプトのはっきりしたイベントは、やっぱ楽しいですね。


 という訳で、今日はお台場に来ています。そう、アレです。ハチタマミュージックナイトに参戦です♪

★5/30(土) HACHITAMA MUSIC NIGHT Vol.5
会場 フジテレビ本社屋25F「はちたま」
op.18:55/st.19:30/ticket\500
出演者 スペシャルゲストライブ:MONKEY MAJIK 司会:石本沙織(フジテレビアナウンサー)
※チケットはフジテレビ7F チケットBOX にて当日18:00から販売致します。
HACHITAMA Music Night↓
http://wwwz.fujitv.co.jp/gotofujitv/hachitamamusic


 せっかくなので、集合時間前にお台場散歩。曇天の昼下がり。


posted by fuchimotoblog at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

本日、高田馬場にてライブです♪

歌います、歌いますよーっ!

5/29(金) 高田馬場・四谷天窓.comfort
『男のピアノ』
op.18:30/st.19:00/ticket\1500+1drink
出演 出海圭太/フチモトリョウ/イツロモリfromコカリクー4d/羽井一彰
フチモトリョウは19:40〜演奏 

あいにくのお天気ですが、雨に濡れてなお美しい花の如く、
颯爽と歌います。ええ、歌いますともよ。
歌いますともさ!

ぜひ、ご来場下さい♪
馬場で待ってます。


フチモトリョウ

posted by fuchimotoblog at 14:39| Comment(2) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

地球の平和を守り隊

 誰もがという訳ではないでしょうが、僕は世界の平和を守っていました。何から守っていたかというと、主に悪の地球外生命体からです。裏山やグランド、海岸や橋の下。帰り道には様々な敵が待ち構えていて、大切な人をエイリアンどもの脅威から守るべく、戦いながらお家へ帰っていったもんです。家に帰ってからも戦いは続きます。バトルフィールドをLEGOに移し悪戦苦闘の日々。晩御飯を食べ、宿題もそこそこに、戦いはお風呂場での水中戦へ。最終的に大ボスらしき存在を倒すことはできず、また明日も僕は奮闘することになるわけです。それは僕が小学生の頃のことです。

 勝手気ままに、それはそれで真剣に、地球の平和を守っていたあの頃。馬鹿馬鹿しくも懐かしい記憶です。どこか違う国の誰かを悪者だと教え込まれる事もなく、敵といえば想像上の地球外知的生命体だけでよかったのだから、なんて幸せな子供だったんだろうなと思います。なんて、幸せな子供だったんだろうな、と思います。

posted by fuchimotoblog at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ここんとこのこと

 雨に濡れた花が一段ときれいに見えるのはなぜでしょう。小雨の町、そんな花花を見ていると、雨の匂いは柔らかくて暖かい。バス停に着いて駅までの少し、傘を閉じたまま歩いてみました。


 先日、新宿のアジア料理屋で、男気べっち先生とご一緒しました。カレーセットを頼んだべっち先生。ナンを頬張りながら、15歳の自分から手紙が届いた、という話をしてくれました。中学の何かの授業で書いた、未来の自分への手紙。本当に忘れた頃に届いたようで。大した事ないんだけどちゃんとしてたんだよなぁ、とべっち先生は言います。何故だか胸が熱くなりました。あの頃の僕が今の僕を見たら、何を思うでしょうか。

 同席していたOKDK三男、MC TOSHIは、地元で子供たちに楽器を教えたりもしています。子供の素直さにはハッとする事があります。大人になると(なったと思い込んでいるだけかもしれませんが)、すっかり忘れてしまっている気持ちがあります。忘れていたり、何か余計な事を考え過ぎてばかりいたり。子供を見ていて、なんだそのままでいいんだという気持ちになる、とMC TOSHIは話していました。


 5/24、池袋は自由学園明日館講堂で行われた、『Family〜おかだ兄弟〜アコースティックコンサート「自由音楽」』を観に行ってきました。三部構成の第一部は岡田通利独唱。MC TOSHIこと、みっちーこと、岡田道通利氏のバリトンです。ピアノに大森豪人氏。前々から「みっちー長めのオンステージ」を観てみたいと思っていたので、とても楽しみにしていましたが、本当に素晴らしいステージでした。あのバイブレーション、みっちーの声、好きです。第二部は現代作曲家・有木純一氏の作品演奏。バリトン・岡田健太郎、ピアノ・岡田通利、こちらも素晴らしいステージでした。圧倒的なパフォーマンス。僕はもっともっと有木作品を観てみたいと思うわけです。第三部は和宏氏のソロから始まり、三兄弟絶妙のハーモニー、アンコールの「君の歌」で思わず涙するという、盛り沢山の内容でした。サポートで登場のビオラ・田中瑶子氏。ビオラの音色、バイブレーションが本当に心地良く楽曲とマッチします。

 コンサートが終わる頃には雨も上がり、向かいの建物では結婚式の集合写真の撮影をしていました。文化財でもある自由学園明日館。一度ぶらりと立ち寄ってみたいなと思う素敵な建物でした。雨上がりの緑は鮮烈でいて涼しげ。五月っていうのは、爽やかな季節です。

myonichi-kan
posted by fuchimotoblog at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ですってば

 いつものスタジオで練習を終え、精算をしにフロントへ。カウンターには3枚の会員証が。精算の準備に出してあるのでしょう。お疲れ様でした、と声をかけてくれるスタッフさん。お名前は?

「フチモトです」

「……スギモトさま?」

 いやいや、あなたの手元に置いてある会員証にそんな名前はありませんよー。で、もう一度、

「フチモトです」

「あぁ、フジモトさま!」

 やっぱりや。僕の会員証の隣の会員証を手に取るスタッフさん。それはフジモト、しかもエリコさん。こんな髭っつらのエリコおるかい。

「フ・チ・モトです」

「……○%△@☆モト?」

 最終的に、これですこれです、と僕が指し示すと、失礼しましたーっ!と会員証を渡してくれました。こういう事、よくあります。フチモト姓の、または音的に弱い名字を持つ者の悲哀です。宿命です。なので僕は時々、山本になったり、島田になったり、後藤になったり斎藤になったりします。

posted by fuchimotoblog at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

はちたま、はちたま!

 はちたま。ご存知フジテレビ本社にある球体です。この度、その「はちたま」で行われるライブイベントに参加しますっ♪

★HACHITAMA MUSIC NIGHT Vol.5
【会場】フジテレビ本社屋25F「はちたま」
【日程】2009年5月30日(土)
【時間】Open 18:55 Start 19:30
【入館料】HACHITAMA Music Night!入場券 500円
【出演者】スペシャルゲストライブ:MONKEY MAJIK 司会:石本沙織(フジテレビアナウンサー)
※チケットはフジテレビ7F チケットBOX にて当日18:00 から販売致します。
HACHITAMA Music Night

 7月に行われるグランプリ大会の第二次審査オーディションも兼ねたイベントです。お時間のある方はぜひぜひ応援に、またはお台場見物のついでにお立ち寄りを〜。「行けるよ♪」と、ご一報下されば特別招待券もご用意しとります。連絡お待ちしとります。


 あ、その前日の5月29日は、高田馬場・四谷天窓.comfortで歌います。こちらも予約受付中〜にて、よろしくお願いします。

posted by fuchimotoblog at 23:39| Comment(0) | ライブ告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

男気と

 昨日、男気べっち先生と下北沢で飯を食ってきました。べっちとは2月のイベントぶり、下北もだいぶ久しぶりでした。やっぱり面白い町です。定食屋を出てからヴィレッジヴァンガードへ。友人夫婦の土産にと、男気べっち先生が抱き枕を購入。そのあと食料品店で酒を買い込み先生宅へ。大きなりらっくま(抱き枕)をぶら下げて歩く30男が二人。下北の町はそんな二人をも許してくれるようです。あぁ下北沢、丁度いい。べっち男気の部屋で改めて乾杯。スミノフアイスと缶チューハイでほろ酔いの僕。バナナをむさぼり日本酒を呑む男気べっち先生。最近オススメの曲やCD、落語の話などしながら、夜は更けていきました。


 西口公園で何やらイベントが行われています。盛り上がってるかい、と会場に問い掛けるロックンロールバンド。音楽って人やなぁと思う曇り空。


同じ時を走り抜けていく 同じ風を受け羽ばたいていく
僕たちはそんな事さえ忘れてしまいそうになるの

 「涙色」(磯部正人)

posted by fuchimotoblog at 16:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ミスブランニューデイ

グラニュー糖のグラニューって何だろう

洗濯機を回しっぱなしにして

僕は豆腐を買いに行く

テレビから聞こえてきたグラニュー糖を

ブランニュー糖と聞き違えたものだから

何だか気になって仕方ない

ブランニュー糖

このお天気のせいやな

蝶が一匹

砂糖菓子のような白い花に掴まっている


hearted omlet
posted by fuchimotoblog at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

雨、出かける


yabuuchi GWも最終日と言われる5月6日、武蔵野市立吉祥寺美術館で開かれている、『動物画の奇才・薮内正幸の世界展』に行ってきました。図鑑や事典のイラスト、挿絵を多く手がけてきた薮内さん。正確無比な描写は圧倒的でもあり、生命の美しさや優しさも感じさせてくれます。子供の頃から僕が目にしてきた「あの動物の絵」は、その多くが薮内さんの作品だったんですね。うぅ、凄い。展示されていた『くちばし』という絵本は名作でした。会期中にもう一回行ってみよかしら。5/24まで。

 夕方からは誘われるままに日比谷の野外音楽堂へ。DEPAPEPEのコンサートを観てきました。雨の中、席を埋め尽くす観客たち。ギター一本(二本)であれだけ客席を沸かす事ができるというのは素晴らしいなぁと思いました。兎にも角にもギター、カッコいい。

 5月は色んなライブや催し物を観て回りたいなぁとこっそり思っています。そして皆様方におかれましては、僕のライブを観に来てください。

5/29(金) 高田馬場・四谷天窓.comfort
『男のピアノ』
op.18:30/st.19:00/ticket\1500+1drink
出演 出海圭太/フチモトリョウ/イツロモリfromコカリクー4d/羽井一彰
♪フチモトリョウは19:40〜演奏

 お待ちしております。
posted by fuchimotoblog at 23:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

米原−東京

09-05-01_10-32.jpg 二日間の滋賀での休日を終え、昨日の夜、東京に戻ってきました。朝の田園地帯を散歩し、鳥の声や小川の流れる音に耳を傾け、風呂に入り、近江ちゃんぽんに舌鼓を打ち、チャイとアップルパイを注文し、楽器で遊び、畑の草むしりをし、嗜む程度に酒を飲む。ああこんな日がいつまでも続けばいいのに、というのが休日ってなもんです。素敵な歌もたくさん聴けたし、実家にも寄れたし、会いたい人にも会えて、イベントも面白かった。充実の西行きでした。タイミングよくライブに誘っていただいた健太郎さん、ありがとうございました。

 田んぼや山の緑に囲まれた場所を歩いていると、改めて自分はつくづく田舎もんなんだなあと実感します。何を捨てるというわけではなく、これから何を選び取っていくのか。蛙の合唱に包まれたあの町(村)から3時間足らずで、ビルに囲まれた東京に着きました。景色の違いや人の多さに、毎度の事ながら少し驚きます。連休直前の街は華やかです。僕は、売れたCDの分だけ軽くなった鞄を引きずり、自宅へ帰りました。


posted by fuchimotoblog at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする