2010年09月26日

カセットテープ


tape tape tape カセットテープの類を整理すべく、棚を棚をひっくり返していました。カセットテープ自体、もうメディアとして使わなくなり、そのほとんどを捨てることになるのですが、掘り返すといろいろ出てくるもんです。思い出の詰まった色とりどりのプラスチックケース。

 学生時代の友人がタイやらベトナムやらで買ってきてくれた、その国のポップシンガーのアルバム。ほとんど聴いていませんが捨てる気にもなれず、こいつらはとっておきましょう。ガチャ、とマジックで書かれたテープには学生の頃の思いつきメロディメモが。今さら何を使うこともないでしょうが、もうしばらく保管してみましょう。

 カセットMTRで録音したのも出てきました。テープスピードが違うため、普通のデッキで再生すると、ゆっくりのグワングワンしたトラックになり、リバースするとボーカルだけが逆回転で聞こえるという薄気味悪い代物です。何かの呪いかと思いました。MTR自体処分してしまったので、まともに聴けるチャンスはもう無いかと思いますが、面白いのでいくつか保管。

 18、9の頃にそれはそれでそれなりに本気で作ったデモテープが出てきました。聴いてみました。何と言うかもう、絶望すら感じて笑っちゃいます。♪ノスタルジアにセイ・グッバイ、なんてフレーズを歌っておりますが、若気の至り過ぎてもはや何処にも至っていない。アホです。とは言え、これも面白いのでいくつかとっておくことにします。

 僕の高校時代の思い出を彩る友人の一人、I君。I君はいつの頃からか、僕に歌を作って聞かせてくれました。僕もお返しにI君の書いた詞に曲を付けたり、テープに吹き込んだりして遊んでいました。そんなI君が卒業前にくれたテープ、『FINAL SONGS』。出てきました。すごいタイトル。I君の作品集です。全15曲、本人による独唱。伴奏、無し。歌詞カード付き。

 つまり、なかなかオモシロなテープなんですが、歌っている本人は至って真剣(きっと)。聴いていると笑いも込み上げて来ますが、あの頃の思い出が鮮明に蘇ります。当時流行っていた歌を聴くよりはっきりと。それは歌の持つ力でしょう。卒業してからはすっかりご無沙汰になってしまいましたが、どうしてるかなぁ、Iっつぁん。俺はまだ大真面目に歌っとるで。そしてここんとこ、I君メロディが頭から離れません。

 最近のコンポには、カセットデッキがほとんど付いていません。MDも無いことが多い。メディアの移り変わりの速さを思います。物の手触りが失われていく時代なのかなぁとも思ったり。ちなみに僕は、カセットテープのあの形状がカッコよくて好きです。そしてラジカセ。カセットをデッキにセットしてガチャ、カチャガチャ、ガチャというコックピット感(?)。ラジカセには、機械をいじってみたいんだ僕は!という少年の欲求を満たしてくれる何かがあると思うんです。

posted by fuchimotoblog at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

原木中山を通り過ぎ

地下鉄東西線は関東平野、あるいは埋立地のだだっ広さを眺められて、何だかわくわくする路線です。あまり馴染みの無い駅名を見ているのも楽しい。

やたらと涼しく(寒く)なった今日、船橋はIKEAに行ってきました。初IKEA。で、でかい。さすがザウス跡。品揃えと素敵なディスプレイと安さに感激しながら、最終的にハンガー一つと十徳ドライバーみたいな物、そしてホットドッグを食らって帰ってきました。家具、買わず。ま、今回は下見に行っただけなのでね。それにしてもホットドッグの美味さよ。あれ食うために行ってもええかなと思いました。家具類は見ていて飽きないし、ソファや椅子の座り心地を確かめる振りをしながら休憩もできるし(こらこら)、あちらの国の食料品まで売っていたり、あぁこりゃまた来たくなるわいな。その前に、しっちゃかめっちゃかの部屋の整理をせなあきませんけども。

帰りは前に行った稲毛の串焼き屋さんで一杯二杯。物欲よりも食欲。花より団子。ともあれ、鼻の頭のニキビが早く治りますように。


posted by fuchimotoblog at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

休日の新宿通りは

休日の新宿通りは歩行者天国なんですね。にもかかわらず車道を歩く人があまりに少なかったったので、道路のど真ん中で人を待ってみました。

昨日のこと。新宿はタイニイアリスにて行われた、発条ロールシアター2010・秋『ミストレイン』を観てきました。則末チエさん作、演出のロールシアターは4月以来。前回より精神的なファンタジーが強く感じられ、んんっ?という所もありましたが、面白い舞台でありました。ええチームプレーを見せてもらいました。

その後は二丁目界隈のモツ煮の店で軽く一杯二杯。美味い煮込みがあったら、他には何も要りませんね。あと、つくねとユッケ、ハラミと冷やしトマトと焼きおにぎりと、ピートロとベーコンの他には。


posted by fuchimotoblog at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

9/11、余呉小劇場・弥吉にて

IMG_5825.jpgIMG_5339.jpg きれいな音だ 何だろこりゃ〜
ラララーランランラーラランラン……

岡田健太郎、岡田通利、そしてフチモトリョウの三人の合唱をイントロダクションに、今回のライブはスタートしました。

9/11、長浜市は余呉の古民家小劇場・弥吉で行われました「岡田健太郎 古民家コンサート『豊穣』」にて歌ってきました。今回のライブは、コラボレーション、共同で何かやろう、というのをひとつテーマにしてきました。で、ご存知の方はご存知、何チャラの何チャラ言う歌劇の何チャラ言う歌(しまった、忘れた!)を、ド頭に男子三人で合唱するということに相成りました。否が応でも和やかな雰囲気で始まったコンサート。第一部、僕のステージのメニューはこちら。

1. 旅のうた
2. 小田急線
3. ベゴニア
4. 小さな君を背負って帰る
5. はなうた
6. あじさい (g. cho. 健太郎、per. cho. みっちー)
7. 辞書がほしい (cho. 健太郎、per. cho. みっちー)
8. 三鷹台 (cho. 健太郎、per. cho. みっちー)

「はなうた」は、健太郎に曲を付けてもらうために書いた詞に、自分でも曲を付けてみました。「あじさい」は、僕の詞に健太郎が曲を付けました。郎氏、ライブでギター初披露。「辞書がほしい」は、健太郎の詞に僕が曲を付けて賑やかし、健太郎の韓国語による愛の囁きで締めくくり(どんな歌やねん)。

第二部の健太郎ステージで、「はなうた」「辞書がほしい」の健太郎バージョンも披露されました。作り手によってこうも違ってくるのか、と非常に興味深く聴いていました。なかなか楽しい、純粋に面白い試みなので、これからも続けていけたらなと思っています。

個人的には、新しい試みあり、また故郷舞鶴の友人が聴きにきてくれたというのもあり、心に残る演奏会になりました。会場の「弥吉」は築200年以上にもなる古民家で、良い雰囲気、良い空気。是非ともまたお邪魔したいと思います。


写真は、リハ中の三男と、絶品手作りケーキセット。

posted by fuchimotoblog at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

9/11、滋賀県は余呉にて歌います♪

IMG_1051.jpgIMG_0084.jpgあ、明日だ。せっせとチラシ作りに励んでいます。滋賀県でのコンサート、お近くの方はぜひ!

★9月11日(土) 滋賀県長浜市 余呉小劇場・弥吉
open 13:30/start 14:00/ticket¥2300/大学生¥1800/高校生以下¥1300
出演 岡田健太郎/岡田通利/フチモトリョウ
お問合せは……
・岡田音楽事務所
http://family-web.jp/
・余呉小劇場・弥吉
http://www.yakichi.com/index.html

盟友・岡田健太郎企画、築250年の古民家を改装した劇場にて歌います。その名も『古民家コンサート・豊穣』。フチモト健太郎、共作の歌も演奏します。絹の空に揺れる豊かな実りをご覧下さい。

お待ちしております♪


フチモトリョウ

posted by fuchimotoblog at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

滋賀で歌います♪

IMG_0150.jpg涼しい、っつってもまだまだ暑いです。雨の後、空はすっかり晴れ上がりました。今日は日本を発つ姉夫婦を見送り(というか荷物持ち)した後、僕は滋賀へ向けて出発します。今週末は古民家で歌います。

★9月11日(土) 滋賀県長浜市 余呉小劇場・弥吉
open 13:30/start 14:00/ticket¥2300/大学生¥1800/高校生以下¥1300
出演 岡田健太郎/岡田通利/フチモトリョウ
お問合せは……
・岡田音楽事務所
http://family-web.jp/
・余呉小劇場・弥吉
http://www.yakichi.com/index.html

盟友・岡田健太郎企画、築250年の古民家を改装した劇場にて歌います。その名も『古民家コンサート・豊穣』。フチモト健太郎、共作の歌も演奏します。絹の空に揺れる豊かな実りをご覧下さい。

ぜひぜひ沢山の人に観にきてもらいたいなぁ、と、思って、います。ご来場お待ちしております。

まだ残暑は厳しいですが、空の色は、夏のそれとはまた違って見えます。季節は少しずつ、でも確実に、歩を進めていきます。

posted by fuchimotoblog at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

9月2日のこと

IMG_3321.jpg9/2、松田温子さんが出演される舞台『舞浜 角谷町 駅前通り』を観てきました。70年代から30年に渡る時間の経過を、その町に暮らす人々の生活を切り取りながら描く群像劇。舞台を観ながらいろんな事を考えたり、思い出したりしました。年老いていく祖母や両親の事、都会を離れ故郷に戻った友人や、結婚を決めた友人の事、もうすぐ出産を迎える友人の事。少しずつ変わる町の景色、そして自分自身の事。良い作品でした。胸がね、ずーっと熱くなりました。中野はザ・ポケットにて、9/5まで。ぜひ。

で、何だかほっこりしたその日の夜は、姉夫婦と従姉妹に呼び出され、新橋で飲む事になりました。家族や故郷に思いを馳せる感傷などどこ吹く風、賑やかな宴となりました。英語とフランス語と日本語のチャンポンをハイボールで流し込む夕べ。伝わるか伝わらないかは、もう気持ちやな。あと、気合い。

posted by fuchimotoblog at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする