2011年10月30日

秋のおいしい日々

 10/26、四谷天窓.comfortにて演奏してきました。遅ればせながら、ご来場の皆さん、ありがとうございました。楽しい夜のにぎにぎ賑やかしメニューはこちら。

1. カラス
2. インコ
3. 小さな君を背負って帰る
4. 小田急線
5. 光
6. シノハ

 この日は共演の皆さんとても素敵で、とてもとても楽しいイベントになりました。ブッキングの副島さんに感謝です。こういう企画が続くと、ライブハウスもいいなぁなんて思います。出番が終わったあとは、完全にお客さんになって堪能しました。ありがとうございました。たくさんの笑顔が見られて嬉しい一日でした。歌うのも観るのもライブってホンマに楽しいんやで!と大きな声で言いたい。


 昨日は家の用事やら4Sの予約(今頃かい)などしながら、吉祥寺をぶらり。秋の日は釣瓶落とし、井の頭公園を散歩して、気がつくとすっかり夕闇が降りていました。ジュンク堂で、Ruwamが載っている滋賀の本を立ち読みしたあとは、めだかというおでんの美味しい飲み屋さんで軽く飲みました。おでんはもちろん美味しいのですが、新ジャガの炒め煮が絶品で、二週間ほど前に食べて以来、ずーっと心を掴まれっぱなしなのでした。瓶ビールとおいもでいざ乾杯。ああもう、舌鼓乱れ打ち。胸の中で新ジャガたちが乱舞、そしてランデブー。

 昼間は少し暑いかと思ったダウンベストが肌寒くも感じる帰り道。人を笑顔にするということ、それがつまり生きる目的やなぁ、とか考えながら歩いていました。
IMG_0678.jpg
posted by fuchimotoblog at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

今日は本番、.comfortにて

IMG_1683.jpg吉祥寺の喫茶店で腹ごしらえ。今夜は出番です。本番どす。

★10月26日(水) 高田馬場・四谷天窓.comfort
open18:30/start19:00/¥1500+1drink
出演 フチモトリョウ/志田佳則/ウワノソラーズ/amamori
♪フチモトリョウは19時〜演奏
http://www.otonami.com/comfort/news/index.htm

イメージトレーニングしながらナポリタンをモグ。なに喋ろうかなぁとナポリタンをモグ。お客さん来てくれるかなぁとナポリタンをモグ。白シャツにケチャップ飛ばさないように、モグ、モグ。

posted by fuchimotoblog at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

おじさんと呼ばないで

 去る10月9日、僕もいよいよおじさんになりました。え、元からオジサンじゃん、とは言わしまへん。姉から、無事に出産したよという連絡をもらいました。予定日よりも二週間ぐらい早かったので何かの冗談かとも思ってしまったのですが、どうやら本当に生まれたみたい。いやぁ、よかったよかった。これで名実ともにおじさんです。いやいや、誰が名実ともにやねん。誰の下腹が出てんねん。誰が、朝起きたら枕からお父さんと同じにおいがする、やねん。ともあれ、めでたいニュースをありがとう、という所です。まだ写真やら何やら見せてもらってませんが、どんなんなんやろなぁ。姉が母になるなど想像だにせんかったからなぁ(どういう意味や)。とある僕の友人はめっぽうオジ馬鹿で、おじいちゃん(友人の父)とこぞっておもちゃやらお菓子やらジュースを与えては、お母さん(友人の妹)にたいそう怒られるのだとか。僕もそんなんなるんでしょうか。プリキュアを全員揃えるみたいなことはしないと思うけど。

 川内倫子さんの写真集『Cui Cui』のあとがきから。

“一昨年に祖父が亡くなって、義姉がすぐに妊娠した。
 赤ちゃんパワーは素晴らしく、甥っこが誕生したときの周りの喜びようには驚いた。
 自分が産まれてきたときも、こうやって祝福されたんだな、と思うと不思議だ。
 当たり前のことなんだけど、つい忘れてしまう。”

 自分も生命の輪の中にいるということを少し実感するような、そんな出来事でした。おめでとう、Lila。いつ頃会えるかなぁ。
posted by fuchimotoblog at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

旅の記録、音の記憶

IMG_5420.jpgIMG_7022.jpg もう一ヶ月以上も前になりますか、母と二人で姉夫婦の暮らすパリに行ってきました。パリの街並みはどの通りもどの細い路地も紛れもなくパリで、滞在している間ずっと感激しっ放し、見慣れることはありませんでした。旅行中に姉や母が撮ってくれた写真が送られてきました。僕のカメラ付き携帯(iPhoneとも言う)にはほとんど自分が写っている写真がないので、こりゃあありがたい。ああ僕はこんな風にパリの街角に立っていたのかとか、俺もなかなかパリの街並みに馴染んどるやないかよしもうパリに住んでまおかしらとか、いろんな余計なことを考えながら、あの旅を思い返しています。

 出発前に、べっちこと磯部正人氏(ベーシスト、サウンドプロジェクトIROHA代表、フィールドレコーディング部部長、栃木生まれ、酒好き)から、ぜひパリの音を録ってきて下さい!と、自作のバイノーラルマイクを手渡されました。僕は慌ててICレコーダーを買って海を渡ったのでした。パリでは、そんなに頻繁ではありませんが時間を見計らって録音してみました。

 朝の散歩の道中、ホテルから駅に向かう通り、モンパルナスの駅の構内、交差点、雑踏、メトロのホーム、など。せっかくなので、町行く人の会話や駅のアナウンスなんかも意識して入れてみたりしました。正直、音だけを聴いていると東京で録ったものとほとんど変わらないかもしれませんが(でも聞こえる会話はフランス語)、録ってきた本人(僕自身)の頭の中には、あの景色がそこそこハッキリとよみがえります。記憶を呼び起こす音のスナップショットです。すれ違ったビジネスマンや子供たちの笑い声、地下鉄の手動で開くドアと重たい改札。地図もなしにでたらめに歩いたあの不安と高揚感。写真を見て思い出すよりも、何か手触り、感触までも思い出させてくれるような。

 こういう記録の残し方も楽しいなあという新たな発見でした。べっち先生、本当にありがとう。これからは行く先々で試してみようかなと思います。とてもとても、個人的な旅の記録です。

posted by fuchimotoblog at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

少しずつ秋の色

IMG_2581.jpg 薄曇りの井の頭公園へ。三鷹台駅前のino1ベーカリーで買ったミルクロールとクリームパン、最近のお気に入りセブンイレブンの缶コーヒーを持ってベンチに座ります。ミルクロールにかぶりつくとパン屋さんそのままの匂いがします。クリームパンは、あ、バニラの風味なのね。しばらくこればっかり食いそうやなぁ。平日の日がくれ前の公園は人通りもまばらで、少し寂しげな雰囲気も漂っていますが、これはこれで秋の色です。並木も池の水面も全体に少し靄がかかったような緑の色で、見上げると本当は青い灰色の空、雲の上側を太陽がかすかにオレンジやピンクに染めています。少しずつ寒くなりつつある季節に、池のほとりで水鳥が体をまん丸に膨らませて休んでいます。振り向くと丸井のネオンが木の影から鮮やかに光っていました。

 薄手のカーディガンだと夜は寒いかなとか、隣の二人はもう付き合っているのかなとか、我ながらどうでもいいことを考えていました。水鳥がぴょこんと立ち上がってお尻をブルリ。水鳥が一番輝く瞬間です(?)。僕も一緒にお尻を振りたくなったのでベンチでモゾモゾしてみましたが、どうか隣のカップルに変な目で見られませんように。気がつくと街灯や自販機の明かりが強くなり、虫の声がし始めました。水鳥たちもいっせいにどこかへ泳いで行きました。

 暗くなってきたしそろそろ帰ろうかと腰を上げると、そうだそうだ、両親の誕生日プレゼントに何か物色しようと出かけたんだった、と思い出しました。忘れるとこでした。街の方に行ってみよう。さて、両親は二人とも10月生まれなのですが、何日だったかまるで思い出せないという事実。おそらくどちらかはもう過ぎているという事実。ごめんね、お母さん。か、お父さん。

posted by fuchimotoblog at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ライブ、コーヒーブレイク

IMG_0315.jpg すっかり日記書くの忘れてました。はぁーあ、うっかりうっかり。はてさて、秋晴れの10月4日、下北沢はモナレコードにて歌ってきました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。渾身のメニューはこちら。

1. カラス
2. インコ
3. 小さな君を背負って帰る
4. 小田急線
5. 光
6. シノハ

 久しぶりに歌う歌もいくつか。夕焼けの「カラス」に始まり、続いて鳥の歌シリーズ、夜更けの「インコ」、眠りこける「小さな君を背負って帰(る)」った後は早朝の「小田急線」に乗り込みました。「光」はかなり久しぶりに歌いました。抽象的ではありますがメッセージが分かりやすいかなぁと思っている歌です。早く僕らはここを抜け出そう。ここんとこ良いのだか悪いのだか(ほぼ悪いけど)よく分からないニュースばかり耳にしていたので、自分自身を少し落ち着かせたいという気持ちがありました。最後は、こないだ電話で話した実家のおばあちゃんを思い出しながら、故郷の歌「シノハ」で締めくくり。ありがとうございました。


 好きでよく呼んでいる雑誌「ku:nel」に特集が組まれていたのもあって、僕の中でコーヒー熱が少し上がっています。子供の頃は缶コーヒーでもお腹を壊していた僕が、その後の人生の空白期間に何故かブラックコーヒーをガブガブガブガブ飲み倒すという生活を送ったおかげで(?)、一息つく時はコーヒー、という人間になりました。はい、大人になりました。コーヒーをドリップする作業には様式美があります。その辺も憧れポイントの一つです。

 僕はほそぼそとライブ活動などしていますが、どうぞ、コーヒーを一杯飲みに行くみたいな感じでご来場下さるとありがたいなと思います。お仕事帰りに一息ついたり、日頃のうさをはらしてもらったり、一人考え事をしたり、誰かと待ち合わせをしてもらったり、そんな風に使ってもらえたらと思います。皆さんに満足してもらえるよう、しっかり豆を選んで、丁寧に焙煎して、じっくり抽出する腕を磨きたいと思います。
IMG_3125.jpg
posted by fuchimotoblog at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

今日はモナレコ、20:40♪

IMG_3256.jpgまずは今日のお知らせ。

★10月4日(火) 下北沢モナレコード
op.18:30/st.19:00/¥2000+1drink
出演 The Skeletons/小林美和/yellow line
♪フチモトリョウは20:40〜演奏
http://www.mona-records.com/index.php

どうぞ遊びにいらしてください。

入りの時間まで少しあるので、井の頭公園の木陰の無いベンチに座ってシュークリームをパクついています。少しずつ斜めになりつつある日差しが水面をキラキラと照らしています。白鳥ではない足漕ぎボートでデッドヒートを繰り広げる少年たち。膝頭を肋骨にぶっつけながら窮屈そうに白鳥に乗り込む外国人カップル。池の上にも思い思いの楽しみ方があります。無人の手漕ぎボートがやって来たと思ったら、どなたか寝そべってらっしゃいました。あー、びっくりした。

秋の色はあざやかでおだやかです。池の向こう岸から陽気なフィドルの音色が聞こえてきました。風は律儀に秋の匂いを運んできます。まだ遠い冬の気配すら孕んでいるように感じられます。少し肌寒くなってきたので、脱いでいたカーディガンを羽織りました。作りかけの歌をイヤホンで聞きながら、おだやかな秋の日のおともにこんな歌ええやないか、と自分で思ったりして。さて、ぼちぼち行きますか。目の前では白鳥が池に突き出した枝に猛突進していきます。あぁ…………あぁ…………思い思いやなぁ。

posted by fuchimotoblog at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする