2012年10月31日

秋は文化祭

★11月1日(木) 高田馬場・四谷天窓.comfort
『.comfort presents 男のピアノ』
op.18:30/st.19:00/¥2000 +1drink¥500
出演 フチモトリョウ/後藤一哉/出海圭太/青山祐己
http://www.otonami.com/comfort
☆お久しぶりの男のピアノ。鍵盤男好きの方々は全員参加でよろしくお願いします。


 10月も終わります。このところのことをチラホラり。11/17に行う千葉市は稲毛区にありますマルカートカフェさんで、打ち合わせも兼ねてお食事と美味しいカプチーノを頂いてきました。
IMG_2870.jpg
 バリスタ特製、ラテアートを施されたカプチーノ。当日の飲み物にはこんな演出もあるのかしらん。17日はほっこり古民家カフェでミニコンサートはいかがでしょうか。

★11月17日(土) 千葉市稲毛区 マルカートカフェ
『フチモトリョウ×マルカートカフェ 夕暮れミニコンサート』
演奏時間 17:00〜18:00/¥1000 + 要オーダー
http://marcatocoffee.blog33.fc2.com/
☆稲毛区役所前、小さな癒し系『マルカートカフェ』。土日限定の古民家カフェにお邪魔して、夕暮れ時のミニコンサートを行います。店内のアップライトピアノをお借りして、完全生音弾き語り。スペシャリティコーヒーとやさしいスイーツ、歌声で、まごころ込めておもてなし致します

 はてさて昨日はバンドリハ。ひょんなことから11/11に亀戸ハードコアで行われるイベントに、鍵盤でお手伝いすることになりました。かなり久しぶりに誰かと合わせたり、バンドサウンドの中に身を置いたり、緊張しましたが刺激的な時間でありました。サモンさん、修豚さん、そして大地さん、ぺーさん、よろしくお願いします。さあ、練習練習。

★11月11日(日) 亀戸ハードコア5周年記念イベント『遺伝子たち』
出演 Sus4、ガス橋30%レスファット、ブレイブモンキーズ、十八番搾り、芝浦ニューロティカーズ
ゲスト 鮭酢豚・サーモンスートン(←こちらに参加)
☆ぜひぜひ遊びにいらして下さい

 11月はいろいろやります。個人的に文化祭月間ってな感じ。あとは路上ライブもお手伝いする予定もあったりして、張り切っていきまっしょい。ひとまずは明日のライブ、お待ちしております。
posted by fuchimotoblog at 23:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ライブ終わってまたやって

10/23、四谷はSOUND CREEK Doppoにて歌ってきました。足元の悪い中ご来場の皆さま、本当にありがとうございました。この日のメニューはこちら。

1. 旅のうた
2. インコ
3. パリのうた
4. 小さな君を背負って帰る
5. 過ぎたこと
6. あなたといたいの
7. シノハ

今年オープンしたばかりのDoppoでの初ライブでした。どこに座ってもステージがよく見える、演者にもお客様にも優しいお店です。素敵な時間と空間、ありがとうございました。

はてさて、長いようで短くて、短いようで長かった10月もぼちぼち終わります。

言うてる間に次のライブは来週、来月、ど頭、1日です。

★11月1日(木) 高田馬場・四谷天窓.comfort
『.comfort presents 男のピアノ』
op.18:30/st.19:00/¥2000 +1drink¥500
出演 フチモトリョウ/後藤一哉/出海圭太/青山祐己
http://www.otonami.com/comfort
☆お久しぶりの男のピアノ。鍵盤男好きの方々は全員参加でよろしくお願いします。

そんなわけで、11月は自分のライブと、あとお手伝いも含めるとちょこちょこ演奏の機会が多くなりそうです。秋ですねぇ。秋たけなわ。あき竹城。
posted by fuchimotoblog at 18:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

ただいまと、いってらっしゃいと

その日は朝一で東京を出発し、昼前に舞鶴の実家に着きました。僕の両親と叔父、叔母が打ち合わせをしている隣の部屋で、おばあちゃんは白い着物に着替え、化粧をしてもらっている所でした。ずいぶん小さくなったなぁと、僕は思いました。

前の日の朝に母から、いろいろ準備をして帰って来なさい、と連絡がありました。そして午後、仕事の休憩中に見た携帯にメッセージが残っていました。この数ヶ月、僕なりに心の準備はしてきたつもりでしたが、いざ本当におばあちゃんが亡くなったことを知ると、涙が止まらなくなりました。

僕は生まれてから高校卒業までの十八年、おばあちゃんと一緒に暮らしました。共働きの両親にかわって、幼い姉や僕の面倒を見てくれました。僕たちを育ててくれた人、と言っても言い過ぎではないし、たぶん両親も感謝していることと思います。幼い頃の記憶には、いつもおばあちゃんがいます。おじいちゃんがこれでもかというくらいに無口な人だったのに対して、おばあちゃんはこれでもかとよく喋る人でした。明るくて、賑やかで、楽しい人でした。

体の弱かった僕を病院へ送り迎えしてくれたこと、わがままを言って困らせたこと、叱られたこと。晩年は同じ話ばかりでしたが、おばあちゃんの思い出話の中に僕が出て来るのを、嬉しい気持ちで聞いていました。最近は、おじいちゃんとおばあちゃんの馴れ初めや、家族で朝鮮から引き揚げてきた時のこと、家を建てた時のこと、母や叔父さん叔母さんの子供の頃のこと、そんな昔話を聞くのが好きでした。

母と叔母さんと叔父さん、おばあちゃんの子供たち三人が集まると、いつもワイワイガヤガヤとして楽しそうです。病室のベッドの上でおばあちゃんが、姉弟仲良く暮らしなさい、と言った言葉を思い出します。おじいちゃんと、そしておばあちゃんに育てられた子供たちがこうして笑顔でいるのを見ると、僕も嬉しくなるし、有難いことだと思います。三人とも、ジィジとかバァバとか言われる年なのに、母は叔母や叔父のことをいまだに「この子」と呼んだりします。叔父さんは、二人の姉に睨まれるとかなわない、といった感じで苦笑します。

パリに住む姉から、私の分もお焼香お願いします、というメールが届きました。向こうでもお弔いしている様子をメールに添付してくれました。この夏に姉一家が帰郷した時に撮った、おばあちゃんと姪が一緒に写っている写真が立ててありました。とてもいい写真でした。不思議な偶然はあるもので、姪の一歳の誕生日がおばあちゃんの命日になりました。

告別式も終わり、叔父さんと二人でおじいちゃんのお墓へ歩いて報告に行きました。お墓は、僕も叔父さんも通った高校の近くにあります。悪ガキだった頃の叔父さんの話は楽しくて、今と大きく違う町の景色を想像しながら聞いていました。移りゆく人や町を、おばあちゃんはどんな風に眺めていたのかなと思います。列席頂いたおばあちゃんのお友達が、とりわけさみしそうに見えたのを思い出しました。

おばあちゃん家の庭には、思っていたよりたくさんの花や草木が植えてあります。ここ数年は自分で世話をすることもままならなかったようですが、生け垣や松の木、プランターから小さな鉢植えのどれにも、何かしらおばあちゃんの思いがこもっている気がします。改めて、おばあちゃんは本当に花や緑が好きだったんだなと思いました。小さな庭だけれど、思い出がたくさんあります。思い出はつまり、人の想いなのかなとも思います。

ベッドの上でおばあちゃんは、みんなにありがとうと言いたい、と話していたそうです。こちらこそ、ありがとう。本当にありがとう。通夜の日も告別式の日も、この時期にして汗ばむくらいの陽気でした。
posted by fuchimotoblog at 17:03| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

10/4、homeriにて

IMG_4685.jpg10/4、四谷の小さな喫茶店 homeriにて、『岡田健太郎×フチモトリョウ 弾き語りライブ 〜オレとアイツの往復書簡〜』を行いました。たくさんのご来場、本当にありがとうございました。2人の文通のような詞のやり取りから生まれた共作曲で、ようやくライブ一本できるまでになりました。そんな男2人の肉弾戦、白熱のメニューはこちら。

第一部
1. 辞書がほしい (詞・岡田健太郎/曲・フチモトリョウ)
2. 辞書 (詞/曲・健太郎)
3. ミホは9歳 (詞・フチモト/曲・健太郎)
4. 僕と君と西村君の結婚式 (詞・健太郎/曲・フチモト)
5. かわいいコと旅がしたい (詞/曲・健太郎)
6. 東西線 (詞・フチモト/曲・健太郎)
7. なんでやねん そらそやろ (詞・健太郎/曲・フチモト)

第二部
1. あじさい (詞・フチモト/曲・健太郎)
2. はなうた (詞・曲/フチモト)
3. はなうた (詞・フチモト/曲・健太郎)
4. ベンジャミン (詞・フチモト/曲・健太郎)
5. ソラノキ (詞・健太郎/曲・フチモト)
6. モテたい症候群 (詞・健太郎/曲・フチモト)

アンコール
1. 笑う星
2. 小さな喫茶店 (ピアニカ・健太郎)

一つの詞に2人が別の曲を付けたり、謎の童謡に謎の掛け合い、現代社会をモッサリとえぐる問題作(?)などなど、なかなかバラエティに富んだプログラムになりました。楽しんで頂けましたでしょうか。この時点での2人の共作曲はこれにて打ち止めですが、詞のやり取りは続き、制作中の楽曲がまだまだあります。第2弾、第3弾と、この往復書簡シリーズを続けていきたい気持ちでおります。ええ、続けますともよ。いいだろう?健太郎。

はてさて、せっかくのお披露目が東京だけではもったいないというわけで、11月30日(金)に滋賀県彦根市 ほっこりカフェ 朴 にて、『岡田健太郎×フチモトリョウ 弾き語りライブ 〜オレとアイツの往復書簡・滋賀公演〜』も決定しております。どうぞよろしくお願いします。

終演後はそのままhomeriで打ち上げ。残っていただいた方々に前日に拵えたひじきの炊いたんを振る舞いました。こちらも好評いただきまして、誠にありがとうございました。


※写真はフチモト×homeriマスター×健太郎

posted by fuchimotoblog at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする