2015年07月31日

ゆうべのこと

夢の途中でふと目が覚めて
窓に映った飛ぶ鳥の影
夢の続きを見ようとしたら
あなたの声と朝の景色と

最近のこと 週末のこと
友達のこと 仕事のこと
取りとめもなく話してるうち
眠り込んでたゆうべのこと

あのころ描いた夢の形は
今では一つも残ってないけど
それなりに続く日々の暮らしは
あなたと出会えた確かな証

夢の欠片を思い出すように
あなたの声を聞こえないふり
大切なこと忘れてしまう
窓辺に咲いた花の名前

むつかしいこと知りたくなって
言葉にしてはすぐに消して
一筆書きの落書きを見て
笑いあってたゆうべのこと

いつしかゆっくり動きを止める
その日が来るまで見届けたいけど
今もこうして笑ってられるのは
あなたが起こした小さな奇跡

夢の途中であなたと会って
夢の続きをあなたと見て
拾い集めた夢の欠片と
いつも通りのゆうべのこと


「ゆうべのこと」 フチモトリョウ、2015

  --------------------------------------------------

 こんにちは、フチモトリョウです。ここんとこ少しライブはご無沙汰しておりますが、新しい歌は作っております。そんな中のひとつ。早くお披露目したいひとつ。
posted by fuchimotoblog at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

滋賀に行ってきました、7/21

 滞在最終日、21日。昼飯にタイ料理を食べ、ひとまず家に帰り、居間で寛いでいると、健太郎に「何か歌ってぇや」と言われて歌い始めるも、健太郎は早々に眠りの世界に誘われ、いつからかやって来ていた和宏も同じように眠りにつき、奥の部屋ではお母さんも横になり、誰が聞いてんねんと思いながら歌う昼下がり。まぁ、それはそれで幸せな昼下がり。嫁さんだけは聞いててくれました。

 この日の目的地は、彦根にある器、生活道具のお店、The Good Luck Store。そしてそのお隣にある書店の半月舎。The Good Luck Storeには、ずっと皿を買いに行きたかったのです。この日は沖縄の作家さんたちの器を集めた「やちむん展」の最終日でした。あれやこれや迷いながら、素敵なお皿と鉢を買いました。これ、何入れても美味そうになるやつやん。早速翌日の晩御飯から使い始めてます。器って、ホンマに大事やなぁと思います。器のほかには、炭酸で割ると美味しい沖縄産のシロップ、中東系のミックススパイス。いろいろ欲しくなっちゃうお店です。電車の時間が迫る中、お隣へ移動。半月舎さんもこじんまりとした良い古本屋さんです。本屋は飽きないですねぇ。また遊びに来よう。
IMG_5884.JPG

 この日もまた友美ちゃんに米原まで送ってもらい、滋賀の旅は終わりになるのでした。大変お世話になりました。気持ちのいい出会いがある場所。滋賀、湖北。もうちょっとゆっくりと滞在して、いろいろ企てたいなぁと思うこの頃です。
posted by fuchimotoblog at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

滋賀に行ってきました、7/20

 7月20日の目的地は、浅井文化ホール。湖北の輝きアーティストライブ2015『岡田兄弟ジョイントライブ』です。今回の旅の一番の目的でもあります。僕も公私ともに仲良くしてもらっている岡田兄弟が、6年ぶりに3人でライブをするのです。行かない手はない、というわけでした。

 会場には懐かしい顔もちらほら。ライブっていうのは、つまり人と人を繋げてくれる場所です。そんな風にライブや音楽を楽しんでくれたらいいなぁと思います。コンサート前半は三兄弟それぞれのソロのステージでした。三男・みっちーこと岡田通利さんの弾き語り声楽。迫力あるバリトンのパフォーマンス、みっちーはホンマにええ声してはります。続いて次男、かっずーこと岡田和宏さんの弾き語り。初めて聴く曲ばかりで新鮮なステージでした。ファーマーとティーチャーとシンガー、三足のわらじが演奏に幅を持たせるのでしょうか。三番手は長男・岡田健太郎さん。表現力にさらに磨きがかかってます。

 休憩を挟んで、後半はいよいよ三人でのステージ。懐かしい「しあわせのうた」「ホタルの頃」、代表曲「矢印」も久しぶりに聴けました。「君の歌」では思わず涙が出ました。古くから知っている人も、初めて聴く人も、大満足の内容だったのではないでしょうか。何より三兄弟の三声のハーモニーにはただただ感動するばかりです。あんまり褒めるのもムズ痒いのですが、僕が知ってる中で一番素敵なステージだったと思います。
IMG_5878.JPG

 音楽は思い出を掘り起こしてくれるし、あるいはまた未来への矢印にもなります。久しぶりの三人でのライブなので、何だか僕自身が勝手に感傷的になり過ぎちゃったらどうしようヤダどうしようという心配もしてたんですが、いやはやただただ楽しいライブでした。良い、ライブでした。どうもありがとう。写真は人気者の三人と、何かの標語の隣に貼られていたポスター。
IMG_5882.JPG
posted by fuchimotoblog at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

滋賀に行ってきました、7/19

 7月19日から21日まで、滋賀に行ってまいりました。まずは初日、19日の目的地は米原市春照にある佐々木文具店。手紙と喫茶の小さなお店です。嫁さんがまだ行ったことがなかったので、この機会に是非、というわけです。長浜駅からバスに揺られて数十分。停留所から少し歩くと、昔の理容店を改装したお店に到着。店主の友美ちゃんが出迎えてくれました。奥の座敷では社長のフーちゃん(1歳8か月)がお昼寝中でした。
IMG_5867.JPG

 嫁さんも、友美ちゃんとの再会、そしてお店の雰囲気に感激している様子でした。品揃えとか、建物の細かい作りとか、そこで出してくれる美味しいお菓子や飲み物とか。友美ちゃんが巡り会うべくして巡り会い、その繋がりをおすそ分けをしてくれる。上手く言えませんがそんなことを感じます。とても素敵な空間です。
IMG_5869.JPG

 店の前の蟻の行列を追いかけたり(隣の家の栗の木までたどり着きました)、ご近所の空き物件なるものを覗いてみたり、目を覚ました社長と遊んだり、田舎町の小さな昼下がりを過ごしました。閉店後、翌日の準備をして、実は行きのバスで通り過ぎた村居田に送ってもらいました。
IMG_5870.JPG
posted by fuchimotoblog at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

雑読

 この2、3年は、ほとんど宇江佐真理さんの小説しか読んでこなかったのですが、ここんとこ急に新しい本を読みたい欲求に駆られ、手当たり次第ってわけではないですが、気になった本は迷わず買うという日々です。出すよりも、入れたい日々。正直、ピンとくるものこないもの様々ですが、興味のあることに近づける嬉しさ、モヤッとしたことをストンと胸に落としてくれるフレーズに出会うのが、手当たり読書の楽しみです。
image.jpg
posted by fuchimotoblog at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

酒と涙と落語と私と

 桂米朝著、『落語と私』を読んでいました。昭和50年に出版されたこの本は、中高生など若い人を対象にした落語入門書です。とはいうものの、内容は多岐に渡り、技術論やら落語史やら寄席経営やらと、米朝さんの落語哲学みたいなものが、あの語り口そのままに綴られています。さすが、米朝さんは学者で洒落者。最後は師匠である桂米団治の言葉で締めくくられます。そこまで読み切ると感動すら覚え、目頭が思わず熱くなりました。あー、落語。観に行きたいなぁー。
image.jpg
posted by fuchimotoblog at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

グッドミュージック、honobonos

おそらく初めて自由ヶ丘に降りました。少し大人の雰囲気の下北沢みたいで、居心地の良さを感じました。生活感と少しの洗練。

image-7e6f2.jpg

はてさて、フカダイタク氏率いる(?)honobonosのワンマンを観に、ライブバー Mardi Grasまでやって来たのでした。さほど大きくないフロアにはドラムセットとアップライトピアノまであります。いい雰囲気のいい距離感です。美味しいお酒と食べ物と、ゴキゲンな音楽とバイブレーション。心が沸き立つ楽しい夜でした。タクさんの歌はホンマにバンド映えするなぁ。素敵な佇まいのバンド、honobonos。今度観られるのはいつになるのやら。

image-896ed.jpg

いい刺激をもらった夜でした。ライブを観るのも演るのも少し間が空いてしまっている僕ですが、どんどん顔出したいし、もっと首突っ込みたいと思いました。グッドミュージック、ありがとう。
image-02a17.jpg
posted by fuchimotoblog at 02:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする